朝食バイキングにおける「謎たまご問題」

ホテルステイの楽しみの1つは朝食バイキングにある、という方は少なくないでしょう。僕はもう若くはないので、朝からガンガン食べる、という感じでもないのですが、やはりホテルでの朝食というのは一大関心事のひとつです。でも、ホテル朝食というのは事業者からしてみればコストとの戦いですから、効率重視で質がよくないことも多いんですね。今日は僕が「謎たまご問題」と呼んでいる問題について書いてみます。

「謎たまご」とは僕の造語ですが、ホテルバイキングで出る卵料理には、「たまごのようであってたまごではない」ものが存在すると、僕は考えています。それは「油」の使い方の問題です。

コロナ禍や身内の不幸などで最近はちゃんと開催できていない僕の勉強会「KASAの会」では、ダイエットについて取り上げた回がありました。そこで僕は、いわゆる糖質制限についてレクチャーして、また油脂についての問題も取り上げました。

(関連記事) ゾーン・ダイエットに関しての補足です – tapestry

突っ込んだ油脂の話は今日はしませんが、僕は飽和脂肪酸を中心に摂取することが健康によいと考えていて、多価不飽和脂肪酸が主体となる植物油はできるだけ避けるようにしています(一価不飽和脂肪酸であるオリーブ油はOKとしています)。そういう生活を何年も続けているので、おかしな油、例えばマーガリンなどを摂ると、非常に気になる(要するに食べられない)ようになってしまいました。

「謎たまご」に話を戻しますが、ホテルバイキングによくある作り置きのスクランブルエッグは、おそらく業務用のものをそのまま出しているのが普通だと思います。ごく一部の最高級ホテルでは普通にバターを使った手作りのものが出るのかもしれませんが、ほとんどはバター風にアレンジした安価な植物油脂を使った冷凍食品を出していますから、時としてびっくりするほど変な味であることがあります。

業務用のスクランブルエッグとは、例えば以下のようなものです。この会社だけでも相当な種類のスクランブルエッグが用意されていますが、原材料として液卵の次に多く使われているのは植物油脂です。

スノーマン ふわふわエッグ | 業務用商品 | キユーピー

今回の記事に掲載した写真は、個人的な謎たまごナンバーワンとして思い出深い、新宿プリンスホテルの「ブッフェダイニング プリンスマルシェ」でのものです。

Photo by resortboy

堂々たる朝食ブッフェではありましたが、スクランブルエッグの「謎具合」は相当なもので、これ以上におかしな味のスクランブルエッグに出会ったことはそれ以前も以後もありません。というか、ここでの経験以降、用心して作り置きのスクランブルエッグを避けるようになってしまいました。

最後に、新宿プリンスホテルの名誉のために付け加えますが、ここはちゃんとしたブッフェレストランで値段もそれなりなので、その場で調理してもらえるエッグステーションはちゃんとあります。

Photo by resortboy

ですから、このレストランがダメ、という話ではありません。困るのは、唯一のたまご料理がこうした業務用のスクランブルエッグだけ、というところです。ホテルを利用する前に確認するほどのことでもないので、個人的には困った問題なのです。

3 comments

  1. この謎たまごには、限りなく遭遇しています。
    仕事で1泊朝食5000円(インバウンド価格2800円)とかのホテルにも
    結構泊まりましたから。

    変にどろどろの部分と硬い部分があって、ガイドとこれ卵じゃないよね?
    とよく言っていました。でも貰ってる行程表に宿泊料金が載ってるから
    2800円で、朝ごはん食べさしてくれるんだから、感謝だよね。って(笑

    箱根離宮の朝食ブッフェもひどかったですね。エッグステーションに
    人が居ない。焼く人が来て、頼んだら8人目ですがと言うから、もう要ら
    ないって。

  2. この謎たまご記事には驚きました。
    私は鈍感な舌をしていて、味の違いがよく分かりません。
    いつもホテルの朝食では無自覚的にオムレツをオーダーします。
    次回からは安全策のため、目玉焼き、ゆで卵、に変えます。

    ところで、最近見たテレビの「ためしてガッテン」で、「朝タン」が素晴らしかったです。朝タンとは「朝食にたんぱく質をとれ」です。以下、番組のポイント。

    寝ている間に筋肉は減少する。
    朝食でたんぱく質を補充する必要がある。
    体内のアミノ酸は余ってもストックできず、
    毎食に20グラムのタンパク質は必要。
    卵1個でたんぱく質6グラムある。
    等でした。

    今まで私は毎朝卵2個は食べていますので、これで12グラム確保、
    これにカマンベールチーズ1切れとハム2枚程度を加えれば20グラムいきそうです。

    朝食の卵料理は非常に意味あるメニューだったのですね。
    これに変なものが混入していたら大事件です。
    resortboyさん、貴重な分析ありがとうございました。

  3. makunoutibentouさん、funasan、コメントありがとうございます。

    実演調理の卵液にはさすがに変な油脂は入っていないと信じたいところですね。一番安全なのはゆで卵だと思います。

    ところで、エクシブのコンチネンタル朝食ではゆで卵が出ますが、2カ月くらい前にエクシブ軽井沢で出たゆで卵は、殻をむく人のためのケア(穴を開けるとかヒビを入れるとか)がゼロで、10人くらいで行きましたがみんな皮がむけずに苦労していました。ビジホの無料朝食のゆでたまごに負けないでほしいです。

    funasanご提供の「朝たん」の情報を補足しておきますね。

    筋肉増強☆魔法の言葉 今こそ“朝たん”だっ!!!!!SP – NHK ガッテン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です