ひとり旅専用プラン

エクシブはルームチャージ制で宿泊プランはたいてい1室2名からなので、ひとり旅にはあまり向いていない。ひとり旅のコスパでは、パーソンチャージ時代のリゾーピア熱海デラックスルームが群を抜いて優れていたが…

ローソン熱海サンビーチ店

目の前にローソンがあるエクシブ箱根離宮を例外とすれば、歩いて簡単にコンビニに行ける立地のリゾートトラストの会員制ホテルはなかなかない。もう1つの例外がリゾーピア熱海で、2013年に「ローソン熱海サン…

リゾーピア熱海の中型ルーム

リゾーピア熱海のお部屋は、デラックスルームとスタンダードルームの2種類のお部屋に大別されるが、スタンダードのお部屋にもいくつかのバリエーションがある。スタンダードルームはどれもお部屋を入ると手前にベ…

熱海駅前、500円ランチの「たしろ」

熱海でのランチと言えば、駅前の「熱海第一ビル」の地下に行くのがまずは定番だ。その中でも人気面で双璧なのが、500円でランチがいただける2店。「まぐろや」と「たしろ」である。

長浜海浜公園で海鮮バーベキューの朝食

ダイヤモンドヘッド登山に続いては、僕が勝手に「和製ワイキキビーチ」と呼んでいる南熱海は「長浜海浜公園」に行ってみましょう(強引)。週末に熱海に滞在していて、それが第1や第3の土日に当たっているなら、…

あたみ茶屋

熱海にいると、どうしてもお魚、特にお刺身を食べたくなるのが大人の思考だが、子どもたちは必ずしもそうではない。また大人にしても、お刺身が続くと揚げ物が食べたくなったりもする。しかし、3世代で行動してい…

すみやき とっくり

今日は、リタイヤしたリゾマン住人といった、熱海の別荘族に愛されている和食の店を紹介しよう。場所はマックスバリュと市役所のある交差点「市役所前」から30mほど海側にある「すみやき とっくり」である。そ…

リゾートダイエットメニューの一例

私事で申し訳ないが(っていうか個人ブログなのですべてが私事なのだが)、最近少々太り気味である。ベスト体重からプラス3キロというところで、そろそろ対策をしないと戻れなくなる危険水域だ。というわけで今日…

まぐろや

熱海の駅前には「熱海第一ビル」という、よくある「名店街」が入ったビルがある。今日はその中でおそらく一番人気ではないかと思われる食堂「まぐろや」を紹介する。売り物は500円のワンコインで食べられるマグ…

熱海のスタンダードってどんな部屋?

2013年1月21日に開業30周年を迎えたリゾーピア熱海。このホテルは不人気なので、花火大会の日を除けばたいていいつでも泊まることができる。しかし、エクシブユーザーの方々は、普通「デラックス和洋室」…

中学生の食事が悩ましい件

何もエクシブに限った話ではないが、小学生から中学生に進学すると、突然すべてが大人扱いになるというのは、なかなかに悩ましい問題だ。大人扱いだからコースにするなら大人と同じになるわけだが、エクシブの夕食…

リゾーピア熱海のお正月

リゾートトラストのホテル群で、エクシブ箱根離宮と一番近いのはもちろんリゾーピア箱根だけれど、リゾーピア熱海も結構近いのだ。スムーズに行けば、熱海梅ライン→熱海峠→箱根峠→元箱根→宮ノ下のルート(熱海…

1万円で熱海の休日

写真はエクシブ箱根離宮の「炭火・鉄板焼 杜季」の鉄板焼カウンターだが、今日はリゾーピア熱海の話である。リゾーピア熱海にも鉄板焼きカウンターがあるのだが、手持ちにいい写真がなく、箱根離宮のカットでご勘…

熱海高原ものがたり

伊豆スカイライン、玄岳インターチェンジの話をもう少ししたいと思う。この写真はその玄岳インター近くの景色である。秋も深まったこの時期の様子だが、それなりにリゾート感のある風景ではないか。この池は「氷ヶ…

山の上の第2駐車場

リゾーピア熱海の最大のウィークポイントは駐車場だ。200室を超える大きなホテルだが、敷地内には25台しか駐車できない。この割合だから土日などはあっという間に埋まってしまって、出遅れれば有料で市営の駐…

熱海の夕食、アラカルト編

夕食時にワンドリンクが付くなど、今年になってぐっとサンメンバーズ会員へのサービスが向上したリゾーピア熱海。海水浴目当てのファミリーの皆さんには、これから夏休みに向けて利用する機会が増えてくることだろ…

脱バイキングの朝食選び

ファミリーでもご夫婦でも、朝食について「私はパンにコーヒー」「僕はバイキング」「朝はおかゆね」などと、好みがまとまらないのがむしろ普通だろう。僕もこうした意見調整にはいつも困ってしまう。和食と洋食で…