伊豆は首都圏から気軽に訪れることができるリゾート地として、エリア全体を考えると最大のディスティネーションである。それだけに行き帰りの道路渋滞が悩ましい。中でも、湯河原から小田原を結ぶ「真鶴道路」はもっとも渋滞がひどい場所。そんな真鶴道路について今日は考えてみよう。

伊豆へのアクセスというと、とかく国道135号の渋滞がひどい、ということが言われるが、夏の海水浴シーズンを別にすれば、湯河原以南の渋滞は大したことはないことが多いように思う。だが真鶴道路だけは別格で、オフシーズンの普通の週末でも平気で渋滞する。

もちろん、箱根ターンパイクや箱根新道を使って山の上から小田原を目指せば渋滞は回避できるが(こちらの話は別項に譲る)、湯河原までスムーズに来た場合、真鶴道路の渋滞を前に湯河原パークウエイで箱根方面に上っていくというのは、個人的にはかなり抵抗がある。ちなみに湯河原パークウエイの通行料は5.7kmで470円、1kmあたり82.5円という高さである。

というわけで、あくまで真鶴道路もしくは、国道135号などの下道で、海沿いを走って小田原まで行く、という前提で、ポイントをレビューしてみよう。

(なお、今日の記事はかなりわかりにくい込み入った内容なので、ドライブマニア以外の方はスルーすることをお薦めします)

まず、真鶴道路の入口である「吉浜橋」交差点で第一の決断だ。ここで、真鶴道路(昔の真鶴道路・新道)に入るか、国道135号(昔の真鶴道路・旧道。現在は無料化に伴い国道135号)をチョイスする。

大きな地図で見る

ここでは電光掲示板で渋滞距離が出ているので、まずはチェックしよう。渋滞がひどい場合、お金を払って真鶴道路に入るのが一番ハマるので注意したい。お金を払うと一番結果が悪い、というのも奇妙な話だが、ここでは構造上、そういうことが起こる。

真鶴道路と国道135号は、真鶴道路の料金所で合流するが、ここで2車線が1車線となるために、必然的に混雑時には渋滞する。したがって、ひどいときには、真鶴道路に入ってすぐ、渋滞のお尻にたどり着いてしまうことがあるのだ(写真は無料化されて無人となった真鶴道路旧道の料金所)

大きな地図で見る

上記のGoogleマップはまだ情報が古いので、真鶴道路の旧道が国道135号になったことが表現されていないが、トンネルから出てくるのが新道(現・真鶴道路)で、海沿いが旧道(現・国道135号)である。

さて、これを避けるには、真鶴道路に入らずに、国道135号を行けばよい。つまり、「吉浜橋」交差点で左の道をチョイスする。しかし、この道を通った場合にも、多くの場合、渋滞にはまることになる。根府川駅の先で、真鶴道路と県道(旧・国道135号)が合流するからである(写真は小田原側から見た根府川の合流部分。写真がやや古いので県道が国道135号と表示されている)。

大きな地図で見る

この交差点は交通量が多いのに信号がなく、およそ1対1の交代で合流が行われる。ところが、交通量は真鶴道路側からの方が圧倒的に多い。したがって、ここの渋滞がすぐ後ろに伝播し、真鶴道路は全体が渋滞してしまうのである。料金を支払って真鶴道路を通った場合「2重苦」となることがこれで理解できるだろう。

では、ここでいい思いをするために、県道(旧・国道135号)を通るにはどうすればいいのだろう。「吉浜橋」交差点で真鶴道路に入らずに国道に進み、次の信号で左折して東海道本線をくぐって北側に出ればよい。すると、上記の2ヶ所の渋滞をかなり回避することができるだろう。

大きな地図で見る

しかし、話はここで終わらないのがややこしい。根府川の真鶴道路と県道が合流する場所で、すぐに山側の裏道に入っていくクルマを見かけることがあるだろう。ここで裏道に入ったクルマは石橋ICの手前で国道135号に合流する。週末などはこの合流が渋滞の起点となる。

大きな地図で見る

要するに、フツーにカーナビにしたがって通行し、お金を払って真鶴道路を使うと、この区間で合流が3回もあるということだ。3回も合流して車線が一度も増えないのだから、長い渋滞が起こるのは当たり前である。

さて、長々とお付き合いいただき、ありがとうございます。混雑時に一番スムーズなのは、県道で根府川の先まで行き、国道135号に出たところですぐに裏道に入る方法のように思われるけれど、僕は根府川から先の裏道を通ったことはない。裏道マップを作ってみたので、この長い文章にピンと来た方は、どなたか試してみてくださいな。

4 コメント

  1. はい、ピンときました(笑)
    以前より下田へ行く際利用してます。
    昔の道なので少々グニャグニャしますが、なんら問題ないですよ。
    途中ミカン販売所などがあります。(店名は忘れました)
    因みに今年そのミカン販売所で直径3cmぐらいのミカンを購入しました。
    なんでも新種とか。
    小さい割りに甘くて美味しかったです。
    あまり出回ってないので伊勢丹なんかで買うと高いと店主は言ってました。
    毎年春になるとテレビの取材が多いそうで、取材慣れされており話好きの方でした(苦笑)

  2. volvocooolさん、こんばんは。県道も慣れ、っていうことですかね。僕は昼間(行き)に通ったことはあるんですが、帰りは夜になることが多くて、つい山道が面倒くさくなり、結果、真鶴道路で撃沈、という結果になったりしています。

    エクシブ伊豆、エクシブ初島クラブ、リゾーピア熱海と、み~んなこの道を通るので、研究のしがいがありますね。

  3. 12月の3連休の初島からの帰路で真鶴道路でつかまってしまいました。
    熱海ビーチラインが快調だったので、つい油断していました。
    真鶴道路に入ったらすぐに渋滞。30分ほど我慢しましたが、全然進まないのでUターンして湯河原パークウェイ経由に切り替えました。
    「初島には電車で行くこと」というのを我が家の家訓にします。

  4. てるちゃんこんばんは。「大丈夫」と思っても渋滞するのが真鶴道路のオソロシイところですね。

    僕はこの記事を3年前に書いてから、基本的には県道740号(旧国道135号)を通るようにしていますが、ここ数年ですっかり道路がよくなって走りやすくなっていますよ。一度お試しください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here