ホーム エクシブ蓼科

エクシブ蓼科

エクシブ蓼科 最新ニュース&フリートーク

この記事へのコメント欄を、エクシブ蓼科に関してのフリートークの場としてご利用ください。こんなことがあった、行ってどうだった、行く前の疑問などなど、皆さまからのコメントや口コミをお待ちしています。

なお、以下にはエクシブ蓼科の公式ホテルブログの最新記事5本を常時掲載しています。忙しい業務の合間をぬって現場から発信されているホテルブログを応援したい方も、ぜひこの記事へのコメント欄をご利用ください。

ポケモンGOの夏

2016年の夏は、ポケモンGOの夏である。例年通り、お盆休みはエクシブ蓼科に3泊して戻ってきたところだが、まずともあれその話題についてまとめてみたいと思う。

大人も食べたい!充実の「お子様コース」

2週間ぶりのご無沙汰でした。昨年後半からプライベートの環境が激変してしまい、コメントをお返しすることができなくなっていましたが、ついに新規記事の掲載も危うい状況となってまいりました…。

エクシブ蓼科から一番近いコンビニ

エクシブ箱根離宮の目の前はローソンだし、エクシブ山中湖やエクシブ軽井沢にも比較的近い場所にコンビニがある。朝食をお部屋で取りたいという時には、前の日や早朝にこれらを訪れてエクシブのレストラン行列を避けたい、というニーズは多いと思う。

エクシブ蓼科、お盆点描2015 – 2

2015年のエクシブ蓼科での避暑ライフ。昨日に続いて気になった点についていくつかご紹介したい。第3位はやはり「アラカルト切り」のレストランに触れざるを得ない。このこともあって、夕食にレストランは利用していないのだが、昼食を取ろうとしていくつか驚くことがあった。

エクシブ蓼科、お盆点描2015 – 1

2015年のお盆休みも終わり、子どもたちの夏休みもすっかり後半戦。例年のようにエクシブ蓼科での避暑ライフを過ごしてきたので、気になったシーンを切り取ってご紹介したい。

お子様セット最終回

1月は中学受験でリゾート行きはお休みしたのだけれど、2月から復活、ということで、蓼科にスキーに行ってきた。28日なので延長中の「エクシブデー」である。POINT CLUBのポイントが3倍付くので、今回は迷うことなくホテル内でのお食事となった。

消費増税でリフト料金はどうなったのか?

いやはや寒い12月だ。ただ悪いことばかりではない。スキーヤーにとっては絶好のコンディションでシーズンインできたとも言えるわけだが、消費増税後の初シーズンということで、リフト料金がどうなったのかが気になる。早速チェックしてみよう。

ラクラク登山シリーズ「天空のビーチ 日向山」

毎年秋に新作をお届けしている「ラクラク登山シリーズ」。「疲労対効果」の最大化をモットーに研究した成果を、今年もお届けする。2014年の新作は、人呼んで天空のビーチ「日向山」である。

紅葉狩り2014

体育の日をからめた今年の10月3連休は、前週に引き続いて2週連続で週末に台風、というツキのない天候だったが、なんとか恒例の秋の蓼科ツアーを敢行することができた。代わり映えのしない定点観測だが、エクシブ蓼科の敷地内の様子をお届けする。

ガラスのわんちゃんをオーダーしてみた

エクシブ蓼科のゲームコーナー前の廊下に、とんぼ玉の販売・体験ブースがよく出店している。工房の名を「茶花茶花」(ちゃかちゃか)さんと言う。売りはオーダーメードで作る「ガラスのわんこ」である。

アラカルトという自由

ここのところ、この10年で最高に多忙な状況になってしまっていて、更新もままならず、読者の皆さんには申し訳ない気持ちでいっぱいである。今日もあまり時間がないのだが、前回の続きをちょっと書いてみたい。

花木鳥の夕食が「ルビーの指環」だった件

年度末と介護の落ち着かない日々の間隙をぬって、エクシブ蓼科を訪れて日頃の緊張を解き放ってきた。夕食は、お箸と日本酒でリラックスしたいということで、久々に花木鳥でいただくことにした。コースは6,000円(税サ別)のモダン新和食「夕霧」である。

ルームチャージ以下の支払で2人分の食事まで付いた話

1週間のご無沙汰でした。僕の裏ブログを読んでいる方ならご存知の通り、先週後半からインフルエンザに羅患してしまい、予定していた週末の蓼科行きは中止となってしまった。しかし、この週末は特別な週末だったので、旅行自体は決行されたのである。というのも、この週末は中学入試のために学校が休みで、我が家の中高生にとってめったにない「土日休み」だったのだ。

君知るや深夜食

エクシブ蓼科の中国料理レストラン「翆陽」のWebサイトを見ると、他のレストランと営業時間の違いに気づく。このレストランの営業時間帯はランチとディナーだけでなく、もう1つあるのだ。公式サイトにはこうある。

エコーバレースキー場

今年の滑り納めはエコーバレースキー場である。1981年オープンの白樺湖エリアを代表するスキー場だが、実は僕が訪れるのははじめてだ。まずはその理由から説明しよう。

ピラタス蓼科が「北八ヶ岳ロープウェイ」に

「ピラタス蓼科」の名称で親しまれてきたロープウェイが、昨年4月より「北八ヶ岳ロープウェイ」と名称を改め、全面的なCI変更を実施した。ところがスキー場には「ピラタス蓼科スノーリゾート」の名称が残ったという。さて、どのような変化があったのか。今回は積雪豊富なこの2月にスキーをしてみての現地レポートだ。

「雪バナナ」で雪の草原を滑走!

大雪の週末。お天気が今ひとつなのでスキーは翌日に期待することにして、どこかで雪遊びでもしようと、訪れたのは清里のキープ協会、清泉寮である。ここでは冬に「雪バナナ」といって、雪が降った牧草地の上を、スノーモービルに引かれたバナナ型の乗り物で滑走するアトラクションを行っている。要するにマリンスポーツのバナナボートの雪上版だ。

大雪で危険がいっぱい

蓼科は決して雪深いところではないが、今年の積雪量の多さはかなりのものだ。エクシブ蓼科を冬に訪れた経験のある人にとっても、油断は禁物で、むしろ経験者こそ甘く見てかえって危険な目に遭うこともあるかもしれない。この週末に行ってきたので、積雪の状況をまとめてみたい。

冬の「ひとりエクシブ」にお薦めのプラン

エクシブの宿泊プランはほとんどが「1室2名から」の設定で、「おひとりさま」が利用できるようなものは少ない。エクシブはルームチャージ制がほとんどだから、一人旅でプランが利用できないと割高だ。

笹子トンネル崩落事故

12月2日に起きた中央自動車道、笹子トンネルの天井崩落事故は大きな衝撃だった。僕にとっても、またこのブログの読者の方々にとっても、エクシブ蓼科へのアクセス路として定期的に通行しているであろう身近な場所での大事故であり、また他所における同様の事故の可能性も示唆されていることから、リゾートライフの懸案事項としてこうした「オールドインフラ」への認識が急浮上してきた。

エアホッケーが消えちゃった…

僕のよく行くところだと、リゾーピア熱海やエクシブ山中湖やには「エアホッケー」があって、お風呂あがりやホテルからの帰り際などに子どもたちと一戦交えるのが旅の密かな楽しみである。大きなゲームコーナーを擁するエクシブ蓼科にも、もちろんエアホッケーがあったのだが、久しぶりに行ってみるとなんと撤去されているではないか。

お気に入りはC3タイプ

ずばり言うと、僕のエクシブ蓼科でのお気に入りのお部屋タイプは、ラージグレードのC3タイプである。そう聞いてピンと来る方はほとんどいないだろう。エクシブ蓼科にはいわゆる「人気のお部屋タイプ」として特定されるものがいくつかあるが、このお部屋について語られたものを目にした記憶はあまりない。

「八ヶ岳 森の学校」でリース作り

今日10月31日の夜はハロウィン。僕にはまだまだ「なんだっけ感」が高いのだが、子どもたちの世代にはとても浸透していて、我が子も先週末にはお友だちのお家やら英会話スクールやらで、ちょっとした仮装パーティに参加していた。

ラクラク登山シリーズ – 八子ヶ峰(完結編)

秋恒例の「ラクラク登山シリーズ」。今年も昨年に続いて「八子ヶ峰」である。写真は言うまでもなく、その八子ヶ峰から望む「蓼科山」だが、今回はこの蓼科山をずっと目の前にしながら、雄大な風景を楽しむ「草原ハイキング」の紹介だ。

Recent Stories

東京オフ会#4、12月14日に開催します

早いもので、年末までの予定がだんだんと埋まるような、そんな季節となりましたね。というわけで、さっそくですが、東京オフ会#4のご案内です。このオフ会(勉強会)がどういうものなのかについては、前回の告知記...