ホーム エクシブ軽井沢

エクシブ軽井沢

「こんにゃくパーク」で無料バイキングを楽しむ

久しぶりに工場見学に行ってみた。エクシブ軽井沢に行った帰りに上信越道の富岡インターで途中下車して、話題の「こんにゃくパーク」に立ち寄ったのである。

軽井沢でおひとり旅プラン

エクシブでは7月25日から8月20日までを「特別営業期間」と呼ぶ。もともとサンメンバーズのために作られた制度ではないかと思うのだが、サンメンではこの期間は1泊2食付きで利用しなければならない。エクシブにそのようなしばりはないのであまり関係はないのだが、この期間中はお得な宿泊プランが設定除外になることがよくある。

ルッチコーレでカジュアルダイニング

4年前にリニューアルしたエクシブ軽井沢のイタリア料理「ルッチコーレ」。以前はメインダイニングであるフレンチの「ボナキュー」でしたが、リニューアル時に相互に場所が入れ替わりました。今日はそのルッチコーレでの夕食レポートです。

軽井沢発地市場

僕が碓氷軽井沢インターチェンジを下りてエクシブ軽井沢に向かうときには、ちょうど軽井沢町内循環バスの「東・南廻り線」に添って鳥居原方面に向かう。本当に何もないようなのどかな道が続くのだが、ハーヴェストクラブ開業に湧く塩沢近くに突如として巨大な商業施設が誕生した。

夏への扉

冷たい雨の振る日々が続いていたが、この週末は一転して猛暑となり、突然、夏への扉が開かれたようだ。軽井沢へとクルマを走らせ、別荘地を通るいつものルートを抜ければ、僕にとっての夏への扉が開かれる(なんちゃって)。

プリンス渋滞を避けて駐車するカンタンな方法

滞在中ずっと天気が悪かったので、出かける先と言ったら軽井沢プリンスショッピングプラザくらいしかない。しかし天気が悪いと言ってもお盆の最繁忙期。恐ろしいほどの渋滞が待っているのは明らかだ。

寒~いお盆休み

2014年のお盆休みは、蓼科と軽井沢でそれぞれ3日間ずつ過ごしたのですが、ずっとお天気が悪く、時折り土砂降りの雨が降る、寒~いお盆休みでした。

エクシブ軽井沢に高速バスで行く方法

エクシブ軽井沢に行くには、普通は何も考えずに軽井沢まで長野新幹線を使うことだろう。しかし、夏の繁忙期には軽井沢駅とエクシブとの間の送迎バスはないし(しなの鉄道の御代田駅になる)、何と言っても新幹線はコストが高い。そこで夏休みを前に、改めて首都圏から軽井沢への高速バスでのアクセスについてまとめてみよう。

本館ふたたび

エクシブ軽井沢パセオができてからというもの、ほとんどのレッドをパセオに注いで、あまり本館に泊まることはなくなっていた。しかし、正直なところ、パセオには飽きてきた部分があって、初夏の軽井沢滞在では久しぶりに本館のスイートをチョイスしてみた。

エクシブ軽井沢から初詣「真楽寺」

お正月にエクシブに滞在して、初詣に行く人はそう多くないかもしれないが、エクシブ蓼科からの諏訪大社(信濃国一宮)参りなどは、メジャーどころだけあってホテルからの送迎バスも出ている。エクシブ軽井沢の場合、そういったサービスは行われていないので、近場のお寺でそこそこのスポットを探してお参りしてみることにした。

冬の軽井沢ロングステイ

今回の軽井沢滞在は、めずらしく3泊4日という長めのステイで、かつはじめて軽井沢で過すお正月だった。以前だったらスキーにスケート、それに館内プールなど、スポーツを中心に旅程を組み立てるところだが、僕も40代半ばとなり、同行している子どもたちもローティーンの女の子。以前とは過ごし方が変わってきた。

パセオのお正月2014

エクシブ軽井沢の本館はなかなかのお正月モードでしたが、パセオの方はどうでしょうか、というわけで、今日はパセオ編です。

エクシブ軽井沢のお正月2014

読者の皆さま、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。昨年は後半、公私ともに多忙になってしまい、なかなか思うように更新できませんでした。2014年は14というくらいで、エクシブイヤーでもありますし、個人的にはエクシブ入会10周年の節目の年でもあります。初心に戻って、肩肘はらずに、気軽に読めて役立つサイトとして、できる限りの情報提供をしてまいりたいと思っております。

ラクラク登山シリーズ – 高峰山

恒例の秋の「ラクラク登山シリーズ」。2013年の新作は、エクシブ軽井沢から気軽に行ける「高峰山」である。スキーをやる人にとっては、アサマ2000パークスキー場がある場所、と言えばわかりやすいと思う。エクシブ軽井沢からはクルマで30~40分ほどで登山口に到着。登山時間は登りが40分、下りは30分ほどと、大変コンパクトでお薦めのコースだ。

すっかり「鳥居原」が軽井沢の要所である件

2012年にエクシブ軽井沢パセオができてから、連休は軽井沢で過すことが多くなった。そしてそれは同時に「渋滞の軽井沢」で過すことが多くなったということでもある。連休の混雑時に、プリンスのアウトレットや旧軽に行くのは現実的にはなかなか難しい。今回も、碓氷軽井沢インターの手前から出口渋滞が発生し(写真)、インターを下りても浅間プリンスホテル前の交差点までずっと渋滞であった。

天ぷら きどぐち

エクシブ軽井沢から歩いて行けるお店情報の続きである。今日ご紹介するのは本格的な天ぷら専門店「きどぐち」。エクシブのゲートから国道18号を軽井沢方面に750メートル進んだところにある。歩いて行くには少しつらい距離だが、それをいとわないのであれば、格安で「銀座の味」が楽しめる。

四季彩の八角弁当

ことしもエクシブ御代田の季節がやってきた。エクシブ軽井沢近辺の情報を補完して夏の到来に備えようではないか。今日はことしのイチオシの紹介だ。昨年オープンしたお惣菜・お弁当屋さん「四季彩」である。

軽井沢銀座パーキング

梅雨明けして急に夏が来て、避暑地が恋しい7月である。これからのハイシーズン、エクシブ軽井沢からはあまり外出せずに「エクシブ御代田」として楽しんだほうがよいという話をかねてよりこのブログではしているけれど、「つい」「間違って」「旧軽井沢に」行ってしまったとき、どこに駐車すればよいのかを今日は紹介しよう。

リフト券早割りの季節ですよ

早いもので今年もあと2カ月。来月はもう12月なわけで、12月といえばスキーシーズンの到来だ。その1カ月前、11月中にやるべきことと言えば、エクシブのフローティング予約はもちろんだけれど、「早割リフト券」の手配なのである。映画の前売券を公開前に買うのと同じで、リフト券もシーズンイン前に買っておくと、かなり安く手に入るのだ。

軽井沢高原教会、秋のハープコンサート

軽井沢高原教会の秋のイベントが、これからの紅葉シーズンに向けて佳境を迎えつつある。今週末からは紅葉ライトアップがスタートし、今月下旬から11月上旬の紅葉見ごろには、夜間でけっこう寒いのにも関わらず、多くの観光客が訪れる。

「きこり」でお蕎麦の食べくらべ

軽井沢にしろ蓼科にしろ、長野はそば処だけあって、エクシブへの道中にはたくさんのお蕎麦屋さんがある。僕にとってお蕎麦屋さん選びは意外と難しくて、お店にこだわりがありすぎて面倒くさい感じだったり、観光客が多すぎたり、逆に流行っていなくて店にやる気が感じられないとか、観光地だとなかなかバランスのよいお店はないものだ。

パセオで注意したいこと

本当にくだらない話で恐縮なのだが、今日は、エクシブ軽井沢パセオに宿泊する上で、相当に注意が必要だと思う点について、自戒をこめてお知らせする。それがこの写真に隠されている。ここまで読んでピンと来た方はかなりの上級者だ。

風は秋色

エクシブ軽井沢での週末、パセオに宿泊して本館に向かう連絡通路を通れば、池の周りにたくさんの栗が落ちていた。早いもので今日からもう10月。秋を感じさせるワンシーンだ。

エクシブ御代田を楽しむ方法 – 5

というわけで、夏の繁忙日にエクシブ軽井沢に一度来てしまったらなかなか軽井沢まで出るのは難しい。それならばいっそ、エクシブ軽井沢の近辺だけで楽しんでしまおう。エクシブ軽井沢はエクシブとしては例外的に、ホテルから歩いて利用できる範囲にいくつものレストランが点在している。これまでこのブログで紹介したものを中心にまとめてみたい。

エクシブ御代田を楽しむ方法 – 4

夏休みを中心に、繁忙期は軽井沢駅ではなく、御代田駅への送迎となるエクシブ軽井沢だが、実際に御代田駅を使ってみるとどうなるのだろうか。写真は御代田駅のホーム、しなの鉄道の軽井沢行き電車の様子だ。もしも軽井沢駅までラクチンに行けるのであれば、それはそれで使いでがありそうだが、日曜日の午前中を例に、アクセスの実際を調べてみよう。

Latest Stories

エクシブの新しいオーナー特典を考える

これまで、オーナーに年1回発行されていた「エクシブ特別ご招待券」が2018年をもって廃止となり、2019年からは新サービスへと変わります。オーナーが契約施設を利用する際、2人以上なら1人分の夕食が無料...