ホーム 東急ハーヴェストクラブの話題

東急ハーヴェストクラブの話題

リゾート会員権を使って健康になる方法

実は今週は持病の検査のために入院をしていた。ほんの3日ほどだが、病院にこもっていろいろな検査をして過ごしたのだが、意外にも実に快適であった。ストレスの多い現代において、仕事や家族から離れ、静かに自分のからだと向きあうということは、もっと多くの人が意識的に行った方がよいのではないか。そんな風に思えた。

リゾート会員権の宿泊予約で逮捕者が…

リゾートトラストは会員が宿泊券や宿泊権利を売買することに厳しく、長年にわたる同社の努力の結果、ヤフオクなどのネットオークションでサンメンバーズの宿泊券が売買されることはなくなっている。一方で、東急ハーヴェストクラブはこうしたことに寛容だ、というのがコンセンサスだった。

東急ハーヴェストクラブ箱根明神平がリニューアル

平成5年7月に預託金制のリゾートクラブとして開業した東急ハーヴェストクラブ箱根明神平は、当初より会員権の有効期間を20年と定めていた。その期限まであと1年に迫ったわけだが、今週より改修工事に入り、施設をリニューアルした上で新たな会員権を売り出して存続することとなった。

東急ハーヴェストクラブ熱海伊豆山&VIALA

東急ハーヴェストクラブ熱海伊豆山&VIALAの第一次会員の募集締切が9月末に迫っている。この三連休は写真の現地モデルルームに足を運ぶ人も多いのだろう。開業は平成25年の夏だからまだ2年近くも先だが、このほど販売ホームページに続いて、ハーヴェストクラブの公式ページにも正式なラインナップとしてコーナーが加わった。

パンパシフィック横浜ベイホテルの優待

僕は東京ベイコート倶楽部のあるお台場にはあまり思い出がない反面、横浜エリアにはアーバンリゾートとしての郷愁みたいなものを感じる。ちょっと時間があると横浜に行ってみたいなと思うし、今ごろはクリスマスのイルミネーションがきれいだろうな、なんて。

WELBOXとホテルハーヴェスト

東急不動産の関連会社で「イーウェル」という法人向けの福利厚生サービスを手がける企業がある。同社の「WELBOX」というサービスに加入すると「ホテルハーヴェスト」が手ごろな価格で利用できるというので、実際に入会して調べてみた。

ハーヴェストクラブ値上げ

昨日に続いて値上げの話題だ。東急ハーヴェストクラブの利用料金が来年の1月1日から改定される。平成6年以来、14年ぶりの値上げだ。現在の大人3,360円が420円値上げになって3,780円になる。大人のパーソンチャージで言えば、リゾートトラストのそれを上回った形だ。

東急ハーヴェストクラブ 熱海プロジェクト

東急ハーヴェストクラブが平成23年春に熱海に開業する。場所は熱海の伊豆山。国道135号の伊豆山交差点(写真)から少し東京よりの海側、熱海ビーチラインとの間に挟まれた眺望のよい場所を確保したという。

東急ハーヴェストクラブ入会の裏技?

仙石原から国道138号線(箱根裏街道)を宮ノ下に向かっていく途中に「東急ハーヴェストクラブ箱根明神平」がある。全39室とこじんまりとしながらも、実に会員制らしい格式が感じられる優雅さを持つホテルである。

東急ハーヴェストクラブ定期利用契約

東急ハーヴェストクラブで一番人気の旧軽井沢は、その好立地から会員権価格が発売当初よりも上昇。数年で半値以下になってしまうエクシブとは好対照な動きとなっている。かく言う僕も、ハーヴェストクラブには魅力を感じていて、いろいろと物色中である。

エクシブ vs ハーヴェスト(スキー編)

今日はリゾート会員権でスキーを楽しむ、というテーマで少し考えてみたい。まぁ、例によってエクシブだけではちょっと足りない感じなのである。前提として、関東からの利用ということで考えます。関西の方はゴメンナサイ。

ホームグラウンドの選択が重要

東急ハーヴェストクラブは、エクシブと違って、どこの施設を購入するかが非常に重要だ。エクシブと東急ハーヴェストクラブの予約の取り方について、簡単に比較してみよう。写真はハーヴェストで最も人気の高い施設の1つ、東急ハーヴェストクラブ箱根甲子園のエントランスである。

Latest Stories

ヒルトン深圳蛇口南海のエグゼクティブラウンジ

ヒルトン深圳蛇口南海のエグゼクティラウンジについて紹介します。最上階の一つ下の15階にあって、とても眺めがよく、広々として開放的なラウンジです。チェックイン後のアフタヌーンティーと、カクテルタイム、そ...